Matrox G400 →G400 Max

貧乏でもMax化?(^.^)

(このページ、重いです)

1999/11/28


・G400(Dual Head SGRAM)が、リーズナブル?価格になったので、購入しました。もちろん、「箱なし・マニュアル英語」のびんぼ人御用達のバルク版です!

・まずは、WEB巡回をして、G400関係の情報を集めたところ、ドライバ日本語化SOFTを発見。これで、最新ドライバも、「正規代理店・日本語版」よりも、通常早くUPされる?、ドライバが、日本語ドライバで、稼動(^.^)することに・・・・

・特に、Dual Headは、TV出力(正確には、テレビでWIN画面が見える)とか、2台のCRTを使用できるとかの、設定の画面が多いので、「紙のマニュアル」なし&英語では、まだ今ごろ、2つの画面?では、楽しめてなかったでしょう(~_~;)。

←便利でーーす。

・そうこうしているうちに、「懲りずに」G400関係のサイトを、巡回していると、なーんか、怪しげで?楽しい??、G400→G400 MAX化のウワサを発見(^.^)

・どーも、詳しく見ていくと、G400のボードのFLASH ROM(MBで言うところのBiosですなきっと)を、書き換えると、Max になるらしいことまでは、なんとか理解。

・PIN FILE(BiosのTXTファイルだろうと思います。) をG400のものから、MAX用に、書き換えて、そして、無理やり(~_~;)? Bios UP するらしいです。 なんやら、わかったような、気はしましたが、Biosの書き換えですので、失敗すると「起動しない」ことは、MBと同じです。

・書き換え用のMAXのPIN FILE情報らしきものも、なんとか、わかったので、自分で「恐る恐る」「メモ帳(-_-;)。」で、書き換えました。

・そして、生DOS(^.^)で、起動、・・・・・・・・ PATHがとおってなかったり、「BAD COMMAND」とか、あったりして、久々「DOS」を楽しんで?

・型番にMAXの文字が、そして RAMDOCのクロックが、300Mhz→360Mhzになってます。コアクロックも、たしか、125Mhz→150Mhzへなってます。

・どうやら、成功です。「あな、うれし」

 

■下記、各ベンチ比較■(PENV650、定格、ビデオカードの調整もすべてノーマルです。)

 

★ ★ ★ HDBENCH Ver 3.00 (C)EP82改/かず ★ ★ ★ 

Processor Pentium II 651.38MHz[GenuineIntel family 6 model 8 step 1] 
Resolution 1024x768 (16Bit color) 
Memory 130,016 KByte 
OS Windows 98 4.10 (Build: 2222) 
  Rectangle Text Ellipse BitBlt DirectDraw
G400 38722 58899 5212 563 74
G400 MAX化 42987 63400 5238 670 84

★ ★ ★Final Reality 101★★★

  OverAll
G400 5.94
G400 MAX化 5.98

★ ★ ★ 3DMark Max ★★★

 
G400 6324
G400 MAX化 6425

・上記、すべての数値がUP!とっても「幸せな気分」が、味わえます(^.^)

・当然CPUのオーバークロック耐性も、落ちるんかしら?(いやいやCPUは、定格派宣言済み??)

注*一応画質も危なげな様子は今のところありませんが、やってることは、CPUのOverClockみたいなもんですから、どうなることかは???です。

・今回は、色々な方の、WEBを参考にさせて頂きました。あえて(というか、どこだったか、覚えてないところもあるので)参考のLINKとかは、申し訳ありませんが、省略させていただいてますm(__)m。(先駆者の皆様に感謝してます!。)

・ファイルの書き換えなど、非常に「危ない橋」もありますので・・・・参考ページ探すのも、実験も「自己責任」ということでm(__)m。

 

NAOKIN HOME へ戻る