中華Padシリーズ

      ためにならない(^^)老眼オヤジの
      

        ★ N70 「双撃」★ 
     
      ★USBプラグ→DCプラグ・本体DC入力端子で充電 ★
                           
 <Web表紙へ戻ります


  2012/08

 ・中華Padもここまできました。って感じの、よく言えば
  「普通にちゃんと、サクサク動く」機械です(^^)
 
 ・先日、Ayrora2を熱暴走で壊してます(>_<)次はということで
  N70購入しました。(遅いけど旧Auroraもはまだ持ってます)

 ・一応「双撃」の参考スペック

■メーカー 原道
■OS Android Ice Cream Sandwich OS (Android 4.0)
■CPU RK3066 Cortex-A9×2 デュアルコア 1.5GHz
■GPU 四核 ARM Mali400 MP4
■メモリ DDRIII 1GB
■ストレージ 16GB(システム領域含む)
■公式マーケット 対応
■Gセンサー あり
■液晶 静電式5ポイントマルチタッチスクリーン
■画面サイズ 7インチ(1024×600)
■通信機能 802.11 b/g/n
■カメラ あり フロントのみ
■言語 日本語, 英語, 中国語 他
■バッテリー  3700mAh

 ★見た目は、皆さんおなじみ?7インチサイズ★

・こんなケースで使ってます。純正じゃないし。ホッチキスで下とめて合わせてます(^^♪
 AKIBAラジオデパート1Fの東映無線で700円くらいでした。2012/08現在売ってませんが・・・


・いちおう、こんなこともできます。

まぁ、ケースは「外で落とすと、まず壊れる」ので私には必携です。


 ■■USBプラグ→DCプラグ・DC入力端子経由での運用・充電■■

 ・ネタとしてはこれだけなのですが(^^♪

 ・このN70は、マイクロUSB端子はあるのですが充電はできません。

 ・なので。DC入力端子から、エネループで充電、または運用くらいはできるか試してみました。

 ・某巨大掲示板では、DC-2307 がキーワードでしたw

 ・まずは、おなじみAKIBA 千石通商で 上記DC-2307 念のため2個購入
  加工するときは、だいたい失敗するので、自信の無い方は2個買いましょうね(@_@)

 

 ・↓実物比較は、こんな感じです。2307の方を数ミリ削ります。
   結構やわらかい材質なので、私は切れる?ハサミで目分量一発で決めました(^^♪
   本体が中華規格なので?、すこしずつ削って、現物合わせが成功のコツかと・・・
   削りすぎると、若干違和感があるようです。

 

 ・バッテリーは、SANYOの KBC-L2B DC5V 1A MAX  (2個の場合500ma   3.7V 5000mAhです。
  何もかまさなくても、充電中になります。スリープ状態なら、そこそこ充電できます。(95%→99%10分程度でした)

 
 
 ・ 普通のAC版の→USB出力(私のは1Aタイプですが)では、
   付属のACアダプタ同様に充電できます。(満充電時間比較は未計測)
   付属のACアダプタより、安全かも?!(^^♪まぁ補助用にも便利ですね。


 ・実際のモバイル時の、使用ではどうでしょうか?
  ↓こんな感じです。さすがに充電はできませんが、バッテリーは減らない感じです。(約1時間テスト時)
 

 ↓まだ、現物は到着してないのですが(^^)
  「Google Nexus 7」用のケースに入れてみました。(価格980円デジパーク)
  いいかげんですが、「赤」可愛いっす?(実用時には若干イヤホン端子用にサイド側を切断必要)
 
 



<Web表紙へ戻ります、他の記事もいかが?>