いまさら ですが・・2012お正月企画www

ThinkPad X61s  7666-B19 

■最新更新■ 2011/12/31


・最後のThinkPad12インチ XGAサイズ X61s に Windows7導入しました。

・この品番のオリジナルは、VISTAですが、Win7の方がレスポンスも使い勝ってもよいので
 OS無しだったので迷わずインストールは「7」にしました。

・ThinkPad最後の 12.1 インチ XGA 1024X768 なのであります。

・この後はX200シリーズとなり ワイド画面で実質文字が小さくなります。

・老眼おじさんには
 XGA最後の12インチクラスなので、OSなし、ジャンクなのに機能部分は1週間保証っていう
 わけのわからない商品ですが、わりと綺麗&13800円だったので永久保存用に購入(^^♪

・メモリもDDR2の2GBが1枚入ってました、手持ちの1GBを空きスロットに入れて
 これまた手持ちの、32ビット、Windows7 Homeを導入しました。


・2007年に購入した(今はもうありませんけど)X60sとの違い 2007年のX60sについてはこちらをクリック

・Yonah → Merom チップセットが進化

・CPUはL2400(1.66Ghz) から L7500(1.6Ghz)へ バスクロックが、166MhzX10倍 から200MhzX8倍に変わってます。

・FSBも666Mhzから800Mhzに変わってます。 3次キャッシュは、2MB → 4MB と倍増してます。

・稼動電圧が1,2V → 0.9V に省エネに進化してますね(^^)

・・周波数は若干X60のほうが高いですが性能的には、ほとんど同じ程度の計算能力だと思ったのですが
   昔なつかし、円周率パイ104万桁は

 ■■X60s■■
                     

 ■■X61s■■
                     

  ・ふーむ、駆動周波数は低いけど、キャッシュ4MBの威力かCPUが進化してるのか20%速いのが以外ですね。
   新しいCPUは、「畳となんとかは・・・」的なところがあることが立証されたかな(*^。^*)?


・テカリのないキーボードを何故か、N澤氏より頂いたのでキーボード交換のために
 ばらします。キーボードはネジ4本はずすだけでOKです。

・今回は、無線LANのMiniPCIカードも頂いたものに換装するので、上側全部はずしました。

 

・右側が最初に付いていた、3965A/B/G のカード
 左側は換装した、ドラフトn のカードです。ご存知でしょうがIBM時代から市販のバルク品はだめですよ!

・品番は、FRU:42T0865 です。ThinkPadの専用品でないとBIOSではねられますので要注意です。

 

・このモデルは法人仕様で、なんと内蔵で、Bluetooth が付いています。
・購入理由の最後の背中を押してくれたのは?これだったりします。

・まぁ無線カード交換しても、有線で40Mbbs程度なので↓リンクは130Mですが結果はこんなもんです。
 


・ついでに、またまた手持ちの↓  ・crucial RealSSD C300 CTFDDAC064MAG-1G1

 もついでに導入して、羊の皮をかぶった狼的に、現状でもOKな全部いり的な、PCになりました(^^)

 

・最新マシンなら、READ 200MB/S 位はでるはずですが、まぁ3年以上前の
 マシンですので下記程度のベンチです。でも十分速いです!


 


■■追加2012/01/02■■
 
・超有名巨大掲示板の先駆者さまのおかげで、Mod-BIOS 導入でSSDが速くなるとのこと。 

・具体的には、このあたりから、  BIOS  2.22-1.03 をダウンロードして、私のOSは32ビットのWin7だったので
 そのまま解凍して、32-bitフォルダの中の、WINUPTP.EXE を実行するだけでした。

・改変内容は 下記だそうです。
 
  1. SATA2 Capの解除 
  2. SLIC 2.1化 
  3. WiFiカードなどの純正判定解除(Whitelist) 
  4. [Fn]、[Ctrl]キーのスワップ(自由に変えられるわけでない) 

・これで SATA2のCapの解除ができたみたいで、ベンチはなーんと(*^。^*)

   

・READ 262MB/S になりました。

・どうも、ありがとうございましたこの場を借りて感謝 m(__)m

※真似する方は自己責任でね!


・ちなみに、WINDOWS7のエクスペリエンスは下記です。実用には十分ですね。 


■■追加2012/01/25■■

※中古で購入時の6セルバッテリーは、さすがに4年もので約1時間しか動作しないので
 ちと危ないのですが、互換8セルバッテリーを購入しました。
 評判は?なROWAさんです(^^)が以前も購入したことがあるので今回も
 価格に目がくらみ、失敗してもいいやということで、中国製セル仕様の
 一番安いのを選びました。参考・・・純正定価は18354円!なので6分の1なんだよなぁ(^^♪

 ↓こちらは6セル純正、もう4年目なので1時間前後しか持たないので、さすがに外には持ってけません(>_<)
 

 今回購入した8セル、価格送料込み2980円!!容量は4600mAhで純正より600mAh少ないです。
 

 ※笑ちゃいますが、バッテリー情報ではちゃんと、SANYOセルで、型番も純正と出ます。
   以前のものは「純正ではありません」って表示でしたが、チャイナテクノロジーは随時進歩してるのですね(^^♪
 

 ※最高輝度15、でweb,動画、音楽等連続使用で放置無しで4時間で残量10%でした。
  この状態がいつまで続くかは疑問ですが、購入時としては満足でした。
  
  (決して互換バッテリーはお勧めしません、よい子は純正品使用しましょうね!)
  

 ※重さ8セルで1532グラム・・軽くはないですがバランスいいので・・モバイルで許せる範囲ぎりぎり
   PanasonicのPCなんかと比べると重いですが、しっかり外で入力作業とかする時は
   ThinkPad選んじゃうかもって感じって言えばわかっていただけるかな?(*^。^*)
  

 

 ※6セル、4セルでの重量は、i以前のレビュー X60sをご参考くださいませ。X60sについてはこちらをクリック

  ちなみに6セル  1303g
        4セル  1256g  でした。
      

  重さと持続時間のバランス的には、新品6セルがモバイルにはいいと思います(^^♪がどうでしょう?


 ■2012/0213追加■

  BIOS 起動ロゴを IBM?に変更 

   
    右側にLenovoマーク残りますけど ・どうしてもやりたい方は下記・偉い方等を参考に(^^)自己責任です
http://homepage2.nifty.com/emotom/x6s/x63.htm#起動ロゴ


☆感想☆  ひさびさ、ノートPCを分解したので楽しかったです?


NAOKIN HOME戻る